メールによるカウンセリングのメリット・デメリットをまとめてみました。

お申込み前に、ぜひお読みください。

メールによるカウンセリングのメリット

思いを綴るという作業には、底知れぬパワーが秘められています。

渦巻いた胸の内を綴ることによって単にスッキリするだけでなく、気もちを整理することができるのです。 気持ちが整理できれば、落ち着いて問題に対処できるようになりますよ。

子育てに忙しいお母さんや、お勤めをされているお母さんは、自分のための時間を作ることがままならないこともあるかと思います。 会社帰りや、お子さんを寝かしつけた後で営業しているカウンセリングルームを探すのは、大変なこと。 メールなら、ご自宅でお好きなときに気軽にご利用いただけます。

夫婦の問題は、とってもデリケート。

だからこそカウンセリングを受けていることを誰にも知られたくないというお気もちも、とてもよくわかります。

メールによるカウンセリングなら、世間体やご家族の目も気にすることなくご利用いただけます。

メールによるカウンセリングのデメリット

対面カウンセリングでは仕草から、電話によるカウンセリングでは声のトーンや間の取り方から、ご相談者様のお気もちを汲み取ることができます。

一方メールによるカウンセリングでは、メールという限られた情報の中からご相談者様のお気もちを汲み取ります。

そのため誤解が生じてしまったり、やりとりがもどかしく感じられることがあるかもしれません。

時間や距離に制限がないので、いつでも、どこからでもご利用いただけること、そしてカウンセラーとの間に一定の距離感が保てるからこそ、どんなお悩みでも気兼ねなくご相談いただけることがメールによるカウンセリングの最大のメリットなのですが、そのことが却ってご相談者さまのご負担になってしまうこともあるのです。

サービス内容
お申し込み